Back << 最後の写真は | Diary Top | で、帰り道。 >> Next

 そして南風はマイルドに書いてますがぁね、
    2010.02.17 Wednesday 12:39
 車両内にいた地元のおっさんと一人旅をするおばさん、



近くに座ってた人達がそそくさと避難して移動するぐらいのクレイジーな声量で

ここへは行ったか!?
だったらこれに乗ればいい!!
なんなら俺も一緒に行ってやろうか!?

みたいなことを約1時間半延々がなり続けておりまして、自分らも逃げたかったのですがなんせワンマン車両、
逃げ場もなく、うるさいので眠れもせず、ただただ時が過ぎるのを待つのみ…

そしてイライラからくる枯渇で飲み物が不足していた自分、
途中の駅で特急の通過待ちが10分ぐらいあり、列車が停止していたもので、
線路を渡って駅で飲み物を買ってもいいものですか?(橋とかがないので線路の上を直接歩くので)
と、簡単な仕切りしかなくむき出しの運転室に居る運転手さんに聞こうと

「あの、すみませんが…」
と、話しかけたのですが、
若い運転士は、例のおっさんおばさんにチラチラ話しかけられていてイラついていたのか、
「あぁ!?」
って、返事しました。

あのねぇ…
普通列車とはいえ観光客の方が多いんじゃないか?みたいな比率の路線で、その態度はないんじゃないか?
JR北海道の品位が疑われるぜ! 問題のある社員発見です! すぐさま指導してくださぁーい!!